adkoukaHEADLINE/ モンテッソーリ

 (1) 子供の「駄菓子」。 (タバコチョコ)、(薬のお菓子)、(コーララムネ)など。 子供が自分で選べるように50円以下です。 「子供が食べる安全なもの」。 この頃駄菓子屋さんも減りコンビにばかり、「子供の心を楽しませるもの」もっともっと欲しいな!


 (2) ジメジメの梅雨時「部屋干しの洗濯物」クサーイ! でも欧米では全然臭わない。 昔ペストのはやった国では洗濯物は「煮る」から今でも温水で洗濯。 洗濯機も温水の出るものばかり、日本でも消臭剤ばかりでなく新型洗濯機、やってみますか。


 (3) 新しいリハビリ「初台リハビリ病院」。 「人の尊厳」を大切に、食事、トイレ、風呂、歩くを自分で! 5倍のスタッフとシェフの作るおいしい食事。 保険内一日3時間のリハビリ、平均85日で89%自宅復帰。 整形外科がひっぱて来た日本のリハビリ, 高齢化の中 「患者さんがやる気になる」いい動きです。



   (EXTRA)

 * 1907年「子供の家」から始まる、「モンテッソーリ教育法」。 数十種の木製「教具」から学ぶ暗記から体験で。 子供の「自主性」、「独立心」、「知的好奇心」を育てる。 教員資格もむづかしく、子供を「観察する」能力必要。 今まで、アンネフランク、アマゾンのジェフ、ドラッカーや将棋の藤井四段も。 私もやってみっかな。



 * メルギブソン監督「ハクソーリッジ」、沖縄戦の史実映画です。 「神に誓って」銃に触れない「良心的協力」の衛生兵の物語です。 日本軍ではありえない兵隊さんのお話。 主人公のアンドリューガーフィールド、スコセッシ監督の「沈黙」に続いて「信じる人」良いですよ。





スポンサーサイト
プロフィール

mike(マイク)

Author:mike(マイク)
代表 岡野雅彦  早稲田大学卒
大学在学中から輸入雑貨卸、スキーバスツアー、デパートの催事の企画立案を行う。
卒業後、、サラリーマンを経験。ソニー、日産自動車、朝日生命等一部上場企業に対しインセンティブプランを中心に販売促進企画を提案し、数々のイベントにも参加した。又、電通と提携しつくば科学万博にも参画。
その後、サラリーマンを辞し、飲食業を始める。
その間、組合活動や商工会議所活動を通じて、各地の視察、研修を受ける。県の組合では特別相談員を務める。
現在、人的ネットワークと経験をもとに、企業並びに飲食業のマーケテイング企画の提案・講演なども行う。
テーマは「広い視野に立った」「やさしい」「夢のある」経営。又、毎日「笑顔」で
過ごせるようような「小冊子」の執筆も行っている。
中学時代、陸上競技ハードル種目において全国一位になる。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR